月経痛の
マネジメント

月経の時や月経前に「お腹が痛い」、「腰が重い」、「頭が痛い」などの痛みに悩まされていませんか?

月経痛の程度は人それぞれで、「全然痛くならないんだよね」という方もいれば、「痛すぎて立ち上がれない、動けない」など日常生活に支障が出る方もいます。


月経の仕組み

月経は、子宮が赤ちゃんを作るために準備したお布団(子宮内膜)を、「今月は作ったけど必要なかったから、体の外に押し出そう!」という形で、血液を含んだ組織を体の外に出す役割があります。この時、お布団が分厚いと、月経血量が多くなりますし、お布団が薄いと、月経血量は少なくなります。


月経痛が起きるメカニズム

この子宮内膜で作られたお布団を体の外に出す道のり(子宮頸管)は、特に若い時はとても狭く(小指か鉛筆くらいの太さ)、子宮が伸びたり縮んだりして頑張ってお布団を押し出そうとするため、痛みが出ることがあります。これが月経痛です。プロスタグランジンという筋肉の収縮などを促すホルモンが、痛みや腫れを引き起こします。


月経痛への対処法〜痛み止めの薬〜

「そろそろ月経が始まりそう」と感じたときに事前に薬を飲んでおくと、薬がプロスタグランジンにアプローチして痛みの発生自体が抑えられるため、月経痛が改善されやすくなります。痛みも薬を飲むことも我慢する必要は全くありません!

月経痛が重い・経血量が多い時の対処法〜ピル〜

お布団(子宮内膜)の厚さによって、痛みの程度が異なります。低用量ピルを使うと、このお布団の量を減らすこともできるので、経血量や月経痛で悩んでいる方におすすめです。また、低用量ピルを使用すると、月経がくるタイミングや期間も調節できるので、遠征や大切な試合、試験などと被らないようにしたい場合も有効です。

ただ、人によって2〜3ヶ月はピルの副作用で体が重だるくなったり、吐き気を感じる場合もあるので、早めに試して体に慣らしておくことが大切です。

このピルの副作用は、実際は妊娠していないけれど、体に「妊娠状態だから月経を起こさなくて良い」と思わせるくらいのホルモン量を含んでいるため起こります。そのため、妊娠初期のような重だるさや吐き気を感じる人もいます。副作用が3ヶ月以上続く場合は、お医者さんに相談して、違うタイプのピルを出してもらうこともできるので、悩まずに相談してみてくださいね。


20代以降に増す月経痛の場合

初経を迎えたばかりやホルモンバランスが安定する前の思春期では、痛みを抱える人が多いですが、年齢とともに痛みは減ることが多いです。ただ、年齢が上がるにつれて(20歳以降)痛みが増している場合は、子宮の中に筋肉の塊やしこり(子宮筋腫)ができていたり、お布団である子宮内膜やそのような組織が子宮以外の場所で育ってしまったりする(子宮内膜症)状態になっているかもしれません。そのため、20代以降に痛みが増す場合は病院へ行き検査してもらいましょう。

  • 子宮筋腫のチェックはこちらから(受診に向けての参考にしてください。外部サイトに移動します。)
  • 子宮内膜症のチェックはこちらから(受診に向けての参考にしてください。外部サイトに移動します。)

月経痛を抱えている方ができること

まずはご自身の月経周期を把握してみましょう。周期を把握しておくと、月経が始まりそうかもと思った時に、事前に痛み止めを飲むことができ、痛みの元となるプロスタグランジンという物質を作ることを止めてくれます。そのため、痛みが抑えやすくなります。

また、痛みが強い際には、痛みを我慢せずに、お腹や腰を温めたり、痛みが少ない姿勢になったり、深呼吸をしてリラックスしやすい状態になったり、十分な睡眠時間と栄養を確保したりすることで、身体の状態を痛みが和らぎやすい環境にしてみましょう。

エクササイズ動画

ボディスキャン
横隔膜呼吸

周りの方ができること

チームメイト

月経に関する痛みは、人それぞれに違いがあり、痛みが強く日常生活に支障が出て動けない場合もあります。また、腹痛や頭痛、気分の変動などが同時に起こることもあり、競技パフォーマンスが月経時以外の状態ではないこともあります。周りのチームメイトが普段と違うように感じた場合は、もしかしたら月経中かもしれませんし、部活内外のことで悩みやストレスがあるのかもしれません。気になった場合は話を聞いてみたり、痛みがありそうな場合は「無理しないようにね」というような声掛けをしたりしてみてください。そうすると、月経時の症状で悩んでいるチームメイトの方の気持ちや痛みが和らぎやすい環境を作ることができます。


コーチ

月経の管理をする必要はないですが、様子が普段と違う場合には、月経中や月経前で調子がすぐれない場合があります。その場合、選手は頑張ろうとしても、普段のようにはできない可能性があります。事前に月経時の部活動に関して話をしておく、「痛みを無理しないように」という声掛けを心掛ける、などを実施すると、選手は心を開きやすくなります。そうすることで、選手がコーチに対して相談しやすい環境を作ることができるのでおすすめです。
月経痛が強い選手の場合は、婦人科を受診して痛みの原因を探ることを勧めてみましょう。また、ピルで月経痛や経血量などがコントロールできることを伝えてみましょう。そして、十分な睡眠を取れるような練習時間の設定をすることや休息の時間を取れる部活のスケジュールを組み、十分な睡眠や栄養素を取る必要性も伝えてみてください。


保護者

親子といえども、月経痛の重さや経血の量、月経周期は人それぞれです。特に思春期の間は、ホルモンバランスが安定しないため、痛みを抱えやすい場合があります。お子さんが無理をしないための声掛けや、「月経周期を記録しておくと、月経に関する痛みや症状に対して対応しやすい」というようなアドバイス、睡眠や栄養を十分にとれるような環境づくり、月経用品の充実、痛みがある場合には婦人科に行き原因を調べる、低用量ピルを処方してもらうなどして、お子さんのサポートを是非してみてください。私たちのアンケート調査の結果からも、女子中高生が月経関連で相談をする割合は保護者の方が多いので、保護者の方のサポートを得られると娘さんにとってはとても心強いでしょう。


役立つサイト

一般社団法人 女性アスリート健康支援委員会
1252 | 一般社団法人スポーツを止めるな
女子アスリートのコンディショニングガイド|スポーツTOKYOインフォメーション

別のワードで記事を検索する

学びサポートに戻る