無月経

無月経と聞いて皆さんはどんなことを思うでしょうか?

月経がなくて羨ましいと思いますか?もしくは不安になるでしょうか?
皆さんの中には、“月経がなくて当たり前、アスリートとして一人前”というような声をかけられた方もいるのではないでしょうか?

月経が来ていない状態のことを無月経といい、無月経には大きく分けて2つあります。
一つは、18歳以上になっても月経が始まらない場合(原発性無月経)、もう一つは月経が始まったものの、3ヶ月以上月経が来ていない場合(続発性無月経)です。

月経がない状態は、思春期前や妊娠中、授乳中、閉経後の場合は正常です。しかし、それ以外の場合は重い病気が隠されている場合があります。

月経が起こるためには

まずは、月経が起こるということは何を意味しているかというと、赤ちゃんを作るための身体の準備ができたという身体からのサインになります。つまり、皆さん自身の身体を養うエネルギーに加えて、赤ちゃんを育てるためのエネルギーも十分にあるというメッセージなのです。

皆さんのように運動習慣がある場合、月経が起こるためには、日常生活を行う上での十分なエネルギーを補えているだけでなく、運動を行うためのエネルギーもあり、かつ赤ちゃんを体内で育てるためのエネルギーが摂れている必要があります。

月経が起こらなくなる原因として考えられること

運動量が多い場合、食事制限をしている場合(制限をしているという自覚がなくても足りていない場合も多い)、もしくは運動量が多く食事制限をしている場合はエネルギーが足りず、自分の身体へ補うだけで精一杯になるため月経を起こせない状態に陥ります。

他にも心身へのストレスやホルモン環境の変化、体重や体脂肪の減少で無月経になる可能性があります。

病院に行くタイミング(無月経を疑う場合)

初経を迎えてすぐは、脳や卵巣などのホルモンを調節する臓器がまだ発達しきっていないため、排卵が不規則になり周期も変動します。しかし、以下に当てはまる場合は、婦人科の先生に相談してみましょう。

無月経の影響〜子宮や卵巣〜

利用可能エネルギーの低下やストレスなどによって、女性ホルモンの分泌に変化したり、それに伴って脳や卵巣からの指令がうまく働かなくなったりする可能性があります。
この状態が続くと、月経が来ないだけでなく、子宮や卵巣などの女性に必要な臓器の働きも低下してしまうことがあります。身体は賢く、機能していない部位にエネルギーを使わないためです。そのため、将来赤ちゃんが欲しくなったタイミングに、うまく妊娠できない状態になっているなどの長期的な影響を及ぼします。

無月経の影響〜骨〜

女性ホルモンのエストロゲンは、骨を強くする作用を持ち、骨を壊す細胞が活発に機能することを抑える作用があります。しかし、脳や卵巣から女性ホルモンを分泌するための指令が止まってしまうと、エストロゲンが分泌されなくなってしまいます。
そうなると、骨を壊す細胞が活発に活動し、カルシウムの吸収も低下してしまうことで骨が弱くなり、最終的に疲労骨折が起きやすくなります。

また、骨密度は20代のはじめまでに最大限蓄えられ、その後増えることはありません。そのため、成長期や思春期に無月経になることでエストロゲンが分泌されない時期が続いてしまうと、骨が強くならない/密度が増えなくなり、骨が脆くなる骨粗鬆症を若くして発症し、骨折しやすくなってしまいます。

競技をしている皆さんにとって月経が来ないことは、一人前になった証ではありません。

皆さんの身体が「エネルギーを欲している」、「心身のストレスが過剰になっている」、「運動量が多すぎて生きるための最低限のエネルギーしか賄えていない」、などを伝えています。

今の状態を頑張って続けるよりも、違う対応をしてほしい!」という身体からのメッセージに耳を傾けて、何が必要なのかを考えていきましょう。

コーチの皆さんができること

成長期の女性アスリートにとって、十分な栄養、睡眠・休息、心のケアは、その後の生活を健康で豊かに送るために必要不可欠なものです。もし、朝昼晩の練習量が多い、練習時間が長い、選手の成長時期や状態を考慮していない食事制限を指示している、オフの日を設けていない、など心当たりがあれば、良い変化を持たせてみませんか?日々の練習の成果を、本番で最大限のパフォーマンスとして発揮するためには、技術や戦術・筋力トレーニングに加えて、栄養・睡眠・心のケアが大切な要素です。

現在の練習環境を思い返してみてください。もし、今少しでも欠けているなと思うものがあれば、選手がよりパフォーマンスを発揮できる機会を作るチャンスです。練習時間やオフの設定は、特にコーチの皆さんの権限で決まることが多いかと思います。どのように練習環境(スケジュール設定や練習量の調節など)を設定すれば、選手が十分な食事や睡眠の質と量を確保し、今までに練習で培ってきた成果を発揮できるのか、ぜひ考えて行動に移してみてください。

保護者の皆さんができること

お子さんの声に耳を傾け、今お子さんがどんな状態で、どんな気持ちなのかを是非聞いてみてください。月経に関する事柄はデリケートな問題です。しかし、私たちのアンケート調査では、子どもたちの一番近くにおられる保護者の方に相談をしやすいという声が多かったです。
親子といえども、月経の症状は人それぞれですので、保護者の方が月経痛で困っていなくても、お子さんは重い症状を抱えているかもしれませんし、逆もあるかもしれません。そのため、決めつけることや思い込みをなるべく最小限にして、ぜひお子さんのお話を聞き、受け入れてみてください。そして、月経が3ヶ月以上来ていなかったり、15歳になっても来ていない場合は、婦人科への受診を促してみてくださいね。

長距離アスリートやチア選手の場合

練習量の多さや減量により、無月経や疲労骨折で困っている長距離やチアのアスリートは多くいます。
“月経が最近来ていない”、“疲れが取れない”、“練習を多くしているのに成果が思うように出ない”、“疲労骨折を何回も繰り返している”というような場合は、もしかしたら食事からのエネルギーが足りていない、心身のストレスがあり女性ホルモンのバランスがうまく調節できていない、休息や睡眠が取れておらず身体の回復ができていないかも知れません。

一人で悩まずに、ぜひ周りのコーチや保護者の方、学校の先生、他の信頼のできる大人や友達に相談してみてくださいね。困っていることを打ち明けること、そして他の人に助けを求めることは、心が弱いのではなく、強さの証ですので、ぜひ一歩踏み出してみてください。

別のワードで記事を検索する

学びサポートに戻る