トレーニング

トレーニングと聞くと、「しんどそう」、「ムキムキになりそう」と思う方が少なくないのではないでしょうか?

みなさんは、スポーツをしている時に「もっとこうできたら、こんなこともできるのに」と思うことはありますか?それはどんなことでしょうか?

トレーニングは、スポーツや競技パフォーマンスをする上で、身体をより動かしやすくし、出来にくかった技術をできやすくします。他にも、ジャンプ力や切り返す速さを早くしたり、相手に競り負けない安定性や試合最後まで自分の動きを可能にする持久力を高める、怪我予防、疲れにくい身体を作るなど、いろいろな効果があり、スポーツを安全に実施する上でもとっても大切な要素です。

どんなトレーニングや練習をする上でも、身につけてほしい能力があります。それは、

「呼吸」と「身体の感覚」

です。

ぜひ、次の記事を参考にしてみてください!!


トピック1:トレーニングを通じて体の使い方を学ぼう


トピック2:トレーニングプログラム例

トレーニングプログラム例の記事はこちら

目的をはっきりさせて日々のトレーニングに取り組むことができると、さらに効果が増すので、まずは目標設定をしてみましょう。ここでは、試合に勝つといった成果に対する目標で止めるのではなく、あなた自身がどうしたらその目標に達成できるのか深掘りをして、結果に至るまでの過程(プロセス)に焦点を当ててみましょう!

例えば、『試合に勝つ』という成果よりも、『(バスケ)リバウンドをとることに集中して、いい位置で取れるようにする』、『(チア)ダウンの位置をメンバー全員で安定させて、同じことを繰り返せるようにする』、『(長距離)最後競り合った時にダッシュが出来るように、練習の最終ラップで速さを意識する』などです。プロセスを意識すると、うまくいかなかった場合に、「うまくいかなかった原因はなんだろう?何かより良い方法はあるかな?」と振り返り、課題を見つけることができ、改善しやすくなります。また、自分がコントロール出来ることに対して目を向けられるようになり、心の安定にもつながります。

トレーニングは身体の変化やパフォーマンス向上につながる重要な要素ですので、ぜひ目標設定とプロセスの意識を持ちながら取り組んでみてください。

別のワードで記事を検索する

学びサポートに戻る