スクワット①

難易度:★

お尻や、太ももの裏(ハムストリングス)の筋肉、体幹を効果的に鍛えることが出来ます。正しいフォームで行うことができるようになったら、スクワットする速度を変えたり(例:ゆっくりと下がり、勢いよく上がる)、重りを持つことで負荷を上げることが出来ます。手を前に伸ばすことで、バランスがとりやすくなります。

正しいフォームで出来るようになったら次のエクササイズにも挑戦してみましょう!

  ⇨スクワット②

  ⇨スプリットスクワット

  ⇨フロントランジ

  ⇨バックワード ランジ

  ⇨シングルレッグ ウッドチョップ

  ⇨3ポイント タッチダウン

別のワードで記事を検索する